2011年01月14日

美容鍼灸を約1年間受けた患者さんの写真

 昨年、経過写真でお顔の変化をご紹介した患者さんが、当院で美容鍼灸を始められて約1年が経過しましたので、1年前と今のお顔を並べた写真を掲載します。

22_12-23_1_blog.jpg
 ↑平成21年12月30日と平成23年1月6日のお顔の比較写真です。
 なお、21年のものは全く治療する前、23年のものは撮影当日に治療した直後の顔です。

 いかがでしょうか?
 平成21年12月30日から平成23年1月6日まで治療は31回行ってます。
 なお、初診は21年12月30日でしたが、その後3ヶ月ほど雪などの影響で通院を開始できなかったので、実際に継続して治療を開始したのは、22年3月6日からです。ですから実質的な通院期間は9ヶ月ほどになります。
 途中、1ヶ月程来院できない時期があったりもしましたが、現状はこの通りです。

 細かい事を言えば、表情が少し違っていますし、ライティングも違ってます。またフェイスラインと首・肩の位置関係を見てもらうと顎の角度も違っているんですが、そういう事を差し引いたとしても、23年現在のお顔の方が若い印象ですし、綺麗ですよね。

 他の美容鍼灸を受けて頂いている患者さんにもこのお写真はお見せしているんですが、

 「どこがどう変わったとは一言では言えないけど、ものすごく変わっていることは解る。」
 「今の顔の方が華やか。」
 「1年経ってる筈なのに、今の顔の方が若い!」

 との感想を頂きました。

 少しだけ解説すると、頬、フェイスライン、目元が頭部に向かって上がっている事がおわかりになりますでしょうか。

 また、額やまぶたを見ていただくと解りますが、むくみもとれてさっぱりしています。

 目元のクマはまだうっすら出ていますが、21年12月の目元のたるみは23年現在ではなくなっています。

 また、肌の弾力が増したためか、お顔全体の肌が均一にピン!と張っている感じがあるが解るでしょうか?

 実際、肌質は随分良くなったそうで、ファンデーションの使用量が格段に減ったそうです。また、血色も良いのでチークもあまり使わなくなったとか。その結果化粧時間も短縮されたそうです。

 ちなみに、昨晩も施術させて頂きましたので、最新の写真をもう一枚。

23_1_13_blog.jpg
 ↑23年1月13日の施術前後です。施術前→施術後の順で並んでます。

 睡眠不足もあってか、治療中完全寝入っていたのでちょっと眠そうな顔ですね。
 それでも、施術後の方が頬とフェイスラインが上がってむくみがとれてるのが解ります。

 なお、この患者さんの施術経過をご覧になりたい方は下の記事を参照してください。 
 22年7月頃までの経過を追った記事です。

 『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真。考察その1

 『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真。考察その2

 継続することで、現状維持を少しでも長くできれば、非常に高いアンチエイジング効果を発揮していると言えそうです。

 たるみ、むくみ、法令線が気になり始めている方は、是非一度当院の美容鍼灸を受けてみて下さい。

 本町北はり灸院
 〒930−0144 富山県富山市呉羽町住吉744
 電話:076-427-0425
 受付時間 平日  9:00〜12:00 16:30〜19:30
      水・土 9:00〜13:00 午後休診
      日曜祝祭日 休診
 初診料  2,000円
 美容鍼灸 7,000円
 予約制:お電話、メール、フォームからご予約下さい。

 当院の美容鍼灸については詳しくはこちらをご覧下さい↓
 http://www.kita-sinkyu.com/beauty/index.htm
posted by こてつ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2010年07月22日

『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真。考察その2

 前回、『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真を考察しましたが、今日は後半をやりたいと思います。

bodyplus2208.jpg
 ↑『Body+』8月号表紙。
 48ページ「私の美トレ&美ケア」というコーナーです。1ページ目の山口秀佳さんが当院の患者さんです。

 今回は、掲載されていた5月頃のお顔から7月までの6回の変化を追ってみます。
 なお、前回のその1までは10日から2週間感覚での施術でしたが、6月からは耳ツボダイエット施術のお試しもあって、週1回の施術になっています。

biyou_yamaguti03.jpg

biyou_yamaguti04.jpg
 ↑下段の写真が6月3日から7月12日までの顔の変化です(上段は前回紹介の3月6日から5月20日までの顔の変化です)。
 前回同様、当日施術前の顔を並べてあります。施術前の顔ということは、日常の顔に近いと考えて下さい。

 最初の3回〜4回辺りで、グングン顔が変わっていくのはお解り頂けるでしょうか。

 5月までの多少感覚を開けた施術でも、それなりに効果は上がっていますが、やはり週1回ペースになると、変化のスピードも上がっているように感じます。

 5月8日、5月20日位のお顔でも悪くは無いですが、7月12日のお顔の方が、さらにフェイスラインがシャープになって、若い印象に変わっています。

 次に、この6回の経過を毎回の施術前後の顔を見ながら見ていきます。

y22_6_3.jpg
 ↑6月3日施術6回目の写真です。
 前回施術から2週間(14日)後の顔です。

 むくみが強く出ていますが、直後効果でむくみが取れてスッキリしています。
 頬も上がっていますが、何よりむくみで膨らんだ顔が小さくなっているのがよく分かる写真だと思います。

y22_6_10.jpg
 ↑6月10日施術7回目の写真です。
 前回施術から1週間(7日)後の顔です。

 前回の施術前の写真はむくみが強いので施術前写真だけ変化をみるのは難しいですが、施術後の写真を比べると、より顎周辺のフェイスラインがシャープになってきているのが解ると思います。

y22_6_17.jpg
 ↑6月17日施術8回目の写真です。
 前回施術から1週間(7日)後の顔です。

 6月3日の写真から見くらべて見ると解ると思いますが、頬がぐぐっと数段上がっているのがお解り頂けますでしょうか。その為、よりフェイスラインがスッキリしてきて見えています。

 この間約2週間、5月までの2週間での変化と比較すると変化の仕方も早く多きい印象があります。

 ベースになる冷えの治療が進んだ事も影響しているでしょうから一概に言えませんが、やはり1週間に1回ペースくらいだとグングン変化するように感じます。

y22_6_25.jpg
 ↑6月25日施術9回目の写真です。
 前回施術から1週間(7日)後の顔です。

 この日は翌日がご友人の結婚式と言うことで、お試しで美容鍼灸のみの施術を行ってみた日です(予約の空き時間が短かったので、冷えを取る積聚治療を省略して見時短してみました)。

 ちゃんと頬も上がっていますし、むくみも取れています。

 ただ、施術中の印象としては、ちょっと顔の皮膚が硬かった印象でした。言うなれば気がよく巡ってない、もっと単純言えば「温まっていない状態」という印象です。
 やはりきっちり冷えの治療をしてから美容鍼灸を行う方が効率的に効果を発揮させられるように感じました。

 でも、今回のように、イベント前などで、時間があまり無い時には、顔だけの施術で直後効果を狙うという利用法があっても良いと思いました。

 今後正式にメニューに加えていくか検討していく予定です。

y22_7_3.jpg
 ↑7月3日施術10回目の写真です。
 前回施術から約1週間(8日)後の顔です。

 この日は施術前からあまりむくみも酷くないので、施術前のお顔も比較的小さく見えます。それでも、施術してみると頬が上がり更にむくみが抜けています。

 ベストに近い印象の顔でも、一日のお仕事を終える頃にはむくみや疲れも出てくるんですね。

y22_7_12.jpg
 ↑7月12日施術11回目の写真です。
 前回施術から約1週間(9日)後の顔です。

 この日は東京まで2泊3日で遊びに行ってこられた直後でした。
 睡眠不足と疲労でクタクタの状態です。

 その為か、施術後むくみが取れたところで目の下にクマが見えるようになっています(施術前はクマさえ隠れるほどむくんでいたという事です)。

 身体の方にも疲労が現れていましたが、基本治療もしっかりやったことで、緊張も緩んでリラックスして頂けました。

 こうして、全身的なケアも同時にできるのが、美容鍼灸のもっとも優れた一面かも知れませんね。


 さて、駆け足で見てきましたが、このように美容鍼灸をすると、一回でもむくみが取れたりリフトアップしたりする効果は得られますが、ご覧頂いた通り、継続する事でそれを維持し、さらに進めていく事が可能です。

 しかも、薬品も機械も一切使わないので、肌や身体への負担も小さく済みます。

 施術自体は、鍼を刺しますからチクっと感じるくらいの事はありますが、マッサージ系の施術のように、押されている・つままれているときに猛烈に痛いといような事はありません。
 恐らく、エステ系の施術よりも痛みは少ないのでないかと思います。

 当院では、今回の患者さんのように、基本的に施術前後で写真を撮らせて頂いて、それを保管し、継続施術の途中で比較検討を行って施術を進めています。

 こうして記録を残して居ますので、気になるポイントがどのように変わって来ているのかこまめに確認しながら通院することが出来ます。

 お一人お一人充分に時間をとってご相談させて頂きながら施術を進めさせて頂いています。

 さて、今回の経過写真の検討は如何だったでしょうか?

 気になった方は、是非一度当院の美容鍼灸を受けてみて下さい。
 お待ちしております。

 本町北はり灸院
 〒930−0144 富山県富山市呉羽町住吉744
 電話:076-427-0425
 受付時間 平日  9:00〜12:00 16:30〜19:30
      水・土 9:00〜13:00 午後休診
      日曜祝祭日 休診
 初診料  2,000円
 美容鍼灸 7,000円
 予約制:お電話、メール、フォームからご予約下さい。

 当院の美容鍼灸については詳しくはこちらをご覧下さい↓
 http://www.kita-sinkyu.com/beauty/index.htm
posted by こてつ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 美容鍼灸

2010年07月16日

『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真。考察その1

 先日、『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真を大まかに紹介しましたが、今回はもうちょっと細かく経過を追ってみたいと思います。

bodyplus2208.jpg
 ↑『Body+』8月号表紙。
 48ページ「私の美トレ&美ケア」というコーナーです。1ページ目の山口秀佳さんが当院の患者さんです。

 とりあえず、今回はその1として初回の3月6日から『Body+』に掲載されている5月頃の顔になるまでの5回を追ってみます。

biyou_yamaguti03.jpg
 ↑これが3月6日から5月20日までの顔の変化です。
 当日施術前の顔を並べてあります。直後効果の入って無い状態ですので、日常的にこの顔になってきているといえる顔です。

 この方の場合、比較的むくみが顔に出やすい事もあって、毎回顔が変わって見えますが、フェイスラインが整い、頬が上がって、顔全体が小さくなって感じるように見えることがお解り頂けますでしょうか?

 目・鼻・口の顔の中心部のパーツに対して、輪郭側の余白部分が少なくなっていっている印象です。

 次に、この5回の経過を毎回の施術前後の顔を見ながら見ていきます。

y22_3_6.jpg
 ↑3月6日1回目の写真です。
 施術直後には、むくみが取れてスッキリしています。頬も上がってますね。

y22_3_27.jpg
 ↑3月27日(2回目)写真です。
 前回施術から3週間(21日)後の顔です。

 施術前の顔から、3月6日の顔とは違っている事がお解り頂けますでしょうか?
 この変化が長期の継続変化の一端です。
 当日の変化も、頬が上がり、法令線が薄くなっているのがお解り頂けると思います。

y22_4_17.jpg
 ↑4月17日(3回目)写真です。
 前回施術から5週間(35日)後の顔になります。

 丸1ヶ月も経つと全く元に戻ってしまいそうな気もしますが、初回と比較してまだリフトアップ効果が出ています。
 側頭筋筋力が回復した事と、それを支える身体自体の循環の改善が継続したリフトアップ効果を生みでしているのではないでしょうか。
 当日の施術効果も充分出ています。

y22_5_8.jpg
 ↑5月8日(4回目)写真です。
 前回施術から3週間(21日)後の顔です。

 施術前の顔が初回から随分変わっていることがお解り頂けるかと思います。
 特に、フェイスライン・頬のリフトアップによって、下あご周辺がさっぱりとシャープになっています。
 が、それでも施術前の顔にはむくみがありますので、施術後の顔を見て頂くと、さらに水分が抜けてフェイスラインがくっきり出て来ています。

y22_5_20.jpg
 ↑5月20日(5回目)写真です。
 前回施術から約2週間(13日)後の顔です。

 3月のお顔と比較すると、フェイスライン周辺饒辺かが特に大きいですね。
 頬もふっくらと持ち上がってきています。

 3月の段階では、目元のクマがでる部分が、ぺたーと垂れて疲れた印象だったんですが、この段階ではふっくらとして若々しい印象に変わっています。

 ここまではおおよそ2週間から3週間程度に1度。月に2回程度の施術での変化の様子が見て頂けました。

 この後、お試しで耳ツボダイエットの施術を行う事になった為、6月中は1週間に1度の施術を続けて行っています。

 次回のその2では、毎週施術での変化の仕方を見ていきたいと思います。

biyou_yamaguti01.jpg
 ↑この写真の真ん中から左の顔になっていく過程ですね。

 お楽しみに(^^)。

 当院の美容鍼灸についてはこちらをご覧下さい↓
 http://www.kita-sinkyu.com/beauty/index.htm
posted by こてつ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2010年07月13日

『Body+』8月号に掲載された患者さんの経過写真。

 先日、『Body+』8月号に当院の患者さんが掲載された事を書きましたが、今日はその患者さんの施術経過のお写真をご紹介します。

bodyplus2208.jpg
 ↑『Body+』8月号表紙。
 48ページ「私の美トレ&美ケア」というコーナーです。1ページ目の山口秀佳さんが当院の患者さんです。

 では、まずは当日の施術前後の変化から。

biyou_yamaguti02.jpg
 ↑22年7月12日撮影。美容鍼灸の治痒前→治療後です(写真は拡大できます拡大してご覧下さい)。

 ぱっと見て変化は解ると思いますが、主にフェイスラインと頬に注目して見て下さい。

 むくみがとれて、頬から顎へ掛けてのラインがシャープになっているのがお解りになりますでしょうか?

 そして、頬ですが、少し下がっていたものが、ふっくらと持ち上がっている事が解ると思います。

 目の下に少しクマがありますが、これは先週末に2泊3日で東京へ遊びに行ってこられて寝不足が続いていたことが原因と思われます(ちなみに治療日は東京から帰ってきた翌日でした)。

 むくみが取れた施術後の方がクマがはっきりしています。前日もあまり眠れなかったとの事でしたので、余計に出たんでしょうね。

 美容鍼灸と同時に身体の方もガッチリ治療しておきましたので、一晩ぐっすり眠ればクマもある程度解消されたんじゃないかと思います。

 さて、次に、経過の写真を見て頂きます。
 22年3月6日から継続して美容鍼灸を始めましたので初日のお顔、『Body+』に掲載された顔写真の頃(5月頃)のお顔、そして最新のお顔を並べてみました。

 なお、全て治療日当日の施術前のお顔の写真を使っています。つまり、美容鍼灸の直後効果が薄い状態の写真ですですので、比較的普段のお顔に近いと思って下さい。

biyou_yamaguti01.jpg
 ↑向かって左から3月→5月→7月のお顔です(写真は拡大できます)。

 ここでもやはり、フェイスラインと頬に注目して下さい。
 また、全体の輪郭、お顔の幅の印象などもチェックしてみて下さい。

 3月のお顔と7月のお顔では、全体に引き締まって小さくなって見えることにお気づきでしょうか?

 また、この写真ではちょっと解りにくいですが、肌の肌理も細かくなって、張り感が出ているのも観察眼の鋭い方ならお解り頂けるのではないかと思います。

 このように美容鍼灸には治療当日に得られる変化、継続する事で得られる変化があります。

 むくみ辺りは比較的治療当日に大きく変化しやすい部分ですが、全体のリフトアップ、肌質改善などは継続治療すると変化が見えてくるようになります。

 ただし、顔は身体の中でも非常に変化の激しい場所ですので、引き上げるのも比較的早く変化しますが、サボるとまたたるんできます。

 ですから、利用法としては、まず全体のたるみ感やむくみを取る為に、1週間から10日に1回程度継続して美容鍼灸を行います。
 その後一定の成果を得たら現状を維持する為に月に1回程度の治療を継続し、デートの前や写真撮影があるようなイベントなどピンポイントで成果が必要な時に、イベントの前日から3日前位までに治療をして直後効果で最大限引き上げるというのがベターかも知れません。

 もちろん、アンチエイジングのために、20代そこそこから始めて置けば、肌質の維持もできますし、たるみも抑えて行く事ができます。

 しかも、何より嬉しいのが、メスを入れたりレーザーで焼いたり、強い薬品を使うなどする必要がないことです。

 また、鍼を刺しますから、多少チクッっとする事はありますが、その程度の刺激で全体に痛みを我慢する必要がありません。
 恐らく、強く皮膚を引っ張ったり押したりするマッサージより痛みはないのではないでしょうか?

 興味のある方は、是非一度、当院の美容鍼灸を体験してみて下さい。

 当院の美容鍼灸についてはこちらをご覧下さい↓
 http://www.kita-sinkyu.com/beauty/index.htm

posted by こてつ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2010年07月08日

当院の患者さんが『Body+』8月号に載ってます。

 当院で美容鍼灸の施術を受けて頂いている患者さんが、『Body+』という月刊誌に掲載されました。

bodyplus2208.jpg
 ↑この表紙です。撮影協力したということで編集部さんより1部頂きました。

 48ページの「私の美トレ&美ケア」というコーナーの山口秀佳さんです。

 表紙はともかく、流石に記事を画像で掲載しちゃうとマズイと思うので、ここでは写真・スキャンは控えますが、9kgの減量に成功した体験を通して、ワークアウトや食事について、そしてプロの手によるインナーケアの一つとして、当院の美容鍼灸が紹介されてます。

 顔に鍼を刺している写真も掲載されてますが、これは山口さんの依頼で私が撮影しました。撮影協力として当院の名前が写真に小さく書かれてます。

 掲載されている顔写真は本年5月頃の顔なんですが、面白いのが当院で治療前後に撮りためているお写真を見くらべていくと、この掲載時よりも、現在(7月)の方が、さらに若々しい顔になってます(美容鍼灸を始めた3月頃の顔よりも、掲載時のお顔の方が若くなっているんですが)。

 書店で見かけられたら、是非見てみて下さい。

 当院の美容鍼灸についてはこちらをご覧下さい↓
 http://www.kita-sinkyu.com/beauty/index.htm
posted by こてつ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2010年02月15日

美容と皮膚科学セミナーを受講してきました。

 2月14日(日)東京は恵比寿で開催された美容と皮膚科学セミナーを受講してきました。

Dscf0735_s.jpg
 ↑会場の様子です(撮影禁止だったので雰囲気だけ・・)

 主催はJFACe(日本美容鍼灸マッサージ協会)さんで、演題は「美容と皮膚科学 よくみるスキントラブルとその対処のコツ
-美容鍼灸の肌への効果を含めて- 」でした。
 講師は神奈川県皮膚科医会常任幹事・広報委員長、医学博士、皮膚科専門医、野村皮膚科医院院長の野村有子先生です。

 内容は大まかに以下の通りでした。
  ・皮膚のしくみ
  ・アレルギーの基礎知識
  ・化粧品の基礎知識
  ・肌トラブル
  ・美容鍼灸の効果

 内容についてもあまり公に公開できないのでここでは詳しく書けませんが、大事な事は「ストレスと紫外線が最大のお肌の敵」ということと「肌は1ヶ月で生まれ変わる」ということだと思います。

 ストレスは肌トラブルの原因にもなりますが、同時にアレルギーの原因にもなりますので、やはりなるべく避けたい物です。

 肌が1ヶ月で生まれ変わるというのも大事なことで、ストレスや睡眠不足等の影響で肌トラブルを起こしても、適切にケアすれば1ヶ月でちゃんと再生されて元に戻るという事を認識していれば、過度に心配しなくても済みます。
 むしろ、今起こっているトラブルに慌てるのではなく、肌の再生力を信じてしっかりとケアすることが大事だそうです。

 こういう事を理解して置けるだけで随分肌への姿勢が変わってきますから大事なことですね。

 あと、印象的というか心強く感じたのは、アトピーで首の皮膚が黒ずむことが多いですが、これも適切にケアすれば必ずキレイになるとのことでした。
 これについては秋篠宮雅子様を例に出されて、雅子様も4〜5年頑張ってケアを続けられて結果、今は襟元を出す服装でも問題ない程キレイになっておられると解説がありました。

 アトピー辺りは、これはもう一生治らないんじゃないかと心配になるほど肌が乾燥して割れて真っ黒になって行ったりしますから、これがちゃんと治るんだというのは心強いですよね。

 他には、化粧品と肌トラブルの部分でかなり時間を割いて解説をされました。

 成分表示の見方やアレルギーを起こしやすい成分について、表示を見る際のチェックポイントの解説などもありました。

 また、「化粧品がどれもあわない」という悩みについても、色々と理由を挙げられて解説がありました。

 例えば、肌の状態に合っていない化粧品を使ってるとか(かさついているのにニキビ様の物を使ったり、皮脂が浮いているのに美容液を使ったり、荒れているのにパックをしたり・・・)、洗顔のしすぎや過度なマッサージなどで肌への刺激を強くしていたり、色々良かれと思ってやってる事が問題を深刻化させている事もあるそうです。

 また、皮膚トラブルも、顔のどの部分で起こるかによって原因が様々予想されるとして、いくつかのパターンに分けて解説がありました。

 最近まつげエクステの接着剤が目に入って角膜を傷つけるというニュースもありましたが、エクステの接着剤も目元のかぶれなどの原因になっている事があるそうです。

 こういう話しは、やっぱり現場の皮膚科の先生ならではの話しだなぁと思いました。

 あと、勉強になったのは、しわの事で、小じわのホントに小さい物は、肌の乾燥だけで現れてくるから、肌が潤うだけで消えるという点でした。
 今までは、真皮の乳頭層が薄くなって皮膚表面にしわが寄るのが小じわの原因ということしか知らなかったんですが、本当に表面の表面に現れる小じわは、角質層の乾燥状態だけで出たり消えたりするというのは知りませんでした。
 逆に言えば、皮膚の結構を良くして、潤いをキープ出来るように
すれば、それだけで小じわを少なくする事も出来るって事ですから、ある意味美容鍼灸が効果を発揮できる面の一つなんだなぁと改めて感じました。

 その他、トラブル対策などの解説もありましたが、流石にあんまり書いちゃうのはマズイと思うので、ここでは控えます。
 美容鍼灸の施術の際に、必要に応じて解説したいと思います。

 ちなみに、野村先生の皮膚科医院では、3階で週に1回美容鍼灸の施術を行っておられるそうです。

 そういう連携もあって、野村先生の医院にあるロボスキンアナライザーという顔のしわや毛穴シミなどをコンピューター解析する機械を使って、スタッフさんを実験台に美容鍼灸の効果を計測したそうですが、

 顔の赤みが薄らいた=透明感が増した
 毛穴の数が減った
 しわの数が減った
 水分量が上がった

 という結果がでたそうで、つまりは・・・

 「しわ・たるみが改善され、目立つ毛穴がなくなり、瑞々しい肌になった事が分かった」のだそうです。

 その結果から、美容鍼灸というのは、皮膚科で行う自費施術のなかでもスキンケアの面では最先端の物ではないかと期待されているそうです。

 ケミカルピーリングやレーザー、投薬が自在に出来る立場の皮膚科の先生も「美容鍼灸」の技術には注目されているんですね。

 非常に勉強になり、また励みになったセミナーでした。

 ここで得た知識も、今後の美容鍼灸の施術、また通常のアレルギーなどの治療での施術に役立てて行きたいと思います。
posted by こてつ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2008年11月19日

DVD「たるみ・しみ・しわ」症状別 美容鍼

 先月の美容鍼講習会の講師をお願いした堀口先生の美容鍼DVD『「たるみ・しみ・しわ」症状別 美容鍼』(税別8,000円、45分)が医道の日本社から発売されました。

 先日の講習会では、このDVDの先行予約チラシも配布されましたので、私も1枚予約してありました。
 それが、今日届いたので早速見てみてました。

biyouhari_DVD.jpg

 主な内容は

 ●美容鍼とは
 ●問診のコツ
 ●刺鍼前の確認事項
 ●たるみの施術
 ●しわの施術
 ●しみの施術
 ●美容鍼の注意事項

 でしたが、内容的には実技に重点が置かれていて、手元もしっかりアップで撮影されているので、とても解りやすい内容になっていました。

 堀口先生の講習会を受けて、実技の実演を見てきてからこのDVDで復習をするととても便利だろうと思います(実技の最中は、手元がよく見えないこともありますので)。

 ただ、先日の講習でお話し頂いた、皮膚科学の部分はそれほど突っ込んでは解説されていませんでしたから、その点は講習会等に参加して補うと良いんじゃないでしょうか。

 呉竹学園で先生の授業を受けている生徒さんにとっては良い教材だと思います。

 先生は、年末の12月14日と来年1月18日に東京四谷の呉竹学園で1日講習会を開催されるご予定ですが、それに参加してお家に帰ってからこのDVDで復習しながら練習すればかなり出来るようになるんじゃないかと思います。

 私も講習受けたいんですが、12月は県の鍼灸師会で理事支部長会議があって私も出席しないと行けないので出られませんし、1月も新年総会とぶつかってるんですよねぇ・・・。

 う〜ん、まぁ新年総会は宴会ですからこっちを欠席して参加することはできるかも知れないですが・・・。
 堀口先生によると、またこういう講習会は企画されるご予定だそうですから、次の機会でも良いんですが・・・。

 また、実技の重要なテクニックとして、問診や治療前のお顔の確認などにも力の入った作りになっています。
 患者さんに、現在のお悩みをはっきり認識して貰う方法や、実際の問診の様子も収録されているので、治療院で美容鍼を取り入れようとしている先生が見るにはとても良い内容だと思います。

 一般販売のDVDからするとちょっと高めなんですが、これだけの内容が8,000円なら安いと思います(私は先行予約特典で1割引で買えましたけど・・・)。

 たるみについては、柳本先生に教えていただいた美容鍼でかなり成果が出るんですが、しわやしみはちょっと悩んでいたので、今後は先日の講習会とこのDVDのテクニックを織り込んでいこうかと思います。

 ちなみに、1日講習会の案内は堀口先生の治療院、コウ鍼灸治療院さんのホームページに案内があります。
 美容鍼DVDは医道の日本社のネットショッピングのページから買えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。

 堀口先生のコウ鍼灸治療院はこちら↓
 コウ鍼灸治療院

 医道の日本社はこちら↓
 医道の日本社 ネットショッピング
posted by こてつ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2008年10月27日

美容鍼灸講習会に参加してきました。

 10月26日(日)に、かねてから準備してきた美容鍼講習会が行われました。

 講師は、東京は新宿御苑のコウ鍼灸治療院院長 堀口三恵子先生。演題は「美容鍼療法-鍼灸師が身につけなければならない皮膚科学-」です。

 堀口先生のコウ鍼灸治療院の情報はこちらからどうぞ。

 コウ鍼灸治療院
 http://www.kouhari.com/

Img_1981_s.jpg

 写真は、演題に立たれる堀口先生です。

 講義は、美容鍼の特徴に始まり、しみやしわ・にきびと言った症状別の注意点などの解説まで細部にわたって90分以上の講義が行われました。

 美容鍼の特徴としては、1番解りやすく即効性で現れるものとして、やはりリフトアップ効果を挙げられていました。
 これは、正しい手法で施術を行えば、ほとんどの場合で、その場で変化が現れるそうです。

 他にも、顔のゆがみ(左右差)などの矯正も出でき、対象年齢も10代〜80代と広く、美容整形に比べてリスクが少なく、レーザーや注射に比べても痛みが少ないという特徴、また、高い保湿効果を持つことを挙げられました。

 また、美容医療のボトックスやコラーゲンなどの注入といった施術とも美容鍼は「併用」が可能であり、より効果を高めることができるとの事でした。

 美容鍼の効果としては、

 1,美容鍼により筋肉が就職したるみが引き上がる。
 2,真皮層に働きかけ、コラーゲン・エラスチンなど弾力繊維を刺激して活性化させる。
 3,皮膚温の上昇により代謝が活発になりくすみがなくなる。
 4,血液・リンパ液の循環が活性しむくみの解消。
 
 大きく、この4つを挙げられました。

 また、肌老化の原因としてターンポーバーの乱れやストレス、ホルモンバランスの異常なども重要なものの、やはり紫外線に対するUVケアは重要であるとのことでした。

 ちなみに、女性の場合は月経に伴って肌も生まれ変わるそうで、月経前は肌も過敏になりやすくアレルギー反応なども起きやすいとのことでした。
 また、月経前は黄体ホルモンの影響によって、自然な反応として油ものや甘いものなどを身体が欲して摂取しがちになり、顔の皮膚では皮脂が固くなり、それらが常在菌であるアクネ菌の餌となることでアクネ菌が増殖しニキビになる傾向が強くなるということもあるそうです。
 この点を理解しておいて、月経前には食生活に気を配るなどするとよりリスクは低くなるようです。

 また、症状別のお話しでは、しみにも美容鍼は効果があるものの、美容鍼では効果が期待できないものなどもあるので注意が必要である旨の説明がありました。
 また、精神的なストレス、特に肉親を亡くすなどの強いショックの後に突発的な現れたしみは時間の経過とともに消えていくのであまり刺激しない方がよいのだそうです。
 むしろ、この場合は、しみが出来たことでそのしみを気にしすぎるとそのストレスも相まってどんどん濃くなる傾向にあるそうなので、気にしないことが重要だとか。

 しみは、真皮層を守るために発生したメラニンが、そのまま定着してしまって起こるものなので、ターンオーバーが正常に行われている若い妊婦さんの場合は、妊娠中に一時的にしみが出来ても出産後に治ってしまう事が多いそうです。逆に高齢出産の場合で、ターンオーバーそのものが少し遅くなっている年代の方の場合は、残ってしまうこともあるとか・・・。

 しわについては、俗に言う、ちりめんじわ、小じわまでは美容鍼やマッサージなどでもかなり効果が期待できるものの、筋肉まで深く入り込んだような老人性のしわ(大じわ)はやはり美容鍼だけでは難しいようで、ここまでいくと、美容整形でコラーゲンや脂肪などの異物注入を行わないと解決できないケースも多いそうです。

 なお、ちりめんじわや小じわについては、水分不足が大きな原因で、スキンケアがかなり重要になるそうです。
 美容鍼による治療はもちろん効果を上げますが、同時に化粧水等を使ってキチンと水分補給を行うスキンケアを心がけることも重要になるようです。

 また、美容鍼を行っては行けない場合として、発熱などの通常の鍼治療でも行っては行けないとされる場合の他に、「日焼けのあと」「ピーリングのあと」も肌には負担がかかっている時なので行ってはならない旨の説明がありました。

 その後実技で実際の鍼の方法、しわへの対処なども解説していただき、2時間の講習を終えました。

 堀口先生の治療については、11月に医道の日本社より『「たるみ・しわ・しみ」症状別美容鍼』というDVDが発売予定なので、予約購入して後日DVDでじっくり復習をしようと思います。

 なかなか内容の濃い講習会でした。
 以前から当院で実践している美容鍼とは内容的に異なる方法ですが、とても参考になりました。
posted by こてつ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2008年10月22日

バラエティー番組での「美容鍼」の紹介

 ネットで、福岡あたりの地方放送局制作らしきバラエティー番組で美容鍼を紹介している動画を見つけたので紹介します(著作権的には不味そうな気もしますが・・・)。

美容鍼と台湾式漢方へそ灸(YouTube)-8分27秒
 http://www.youtube.com/watch?v=m2A5bYoyAEc

 当院で行っている美容鍼とは鍼を刺す場所も本数も違いますが、使っている使い捨ての鍼は同じものです。
 鍼の細さが結構よくわかる番組だったので、興味のある方はご覧ください。

 ちなみに、映像では顔面部に鍼を25本刺していますが、当院の美容鍼では、基本は頭に6本、顔に10本の合計16本の鍼を使います。
 ただ、個人差によって増やすこともあります。

 へそ灸も、当院で行っているものは塩の台を使った塩灸ですので、全く違うものです。

 でも、やってる方はまじめにやってるんですが、やっぱり見た目が衝撃的だから、どうしてもパロディー扱いで紹介されちゃうんですね。
 その点はちょっとがっかりですね。
posted by こてつ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸

2008年09月03日

「美容鍼灸」の2回目の講習を受けてきました。

 8月31日に、東京目白の目白鍼灸院さんで、2回目の美容鍼灸の講習を受けてきました。

Img_1774.jpg

 上の写真は柳本院長と施術モデルをして頂いた運天先生(友人の教え子さん)との記念写真です(向かって左手の長身の美人さんが柳本院長先生、小柄な美人さんが運天先生です)。

 6月末に1回目の講習を受け、2ヶ月間基本の美容鍼の施術をモニターさんを対象に練習してきました。

 31日はその確認と応用方法の講習+耳ツボ(耳鍼)を講習して頂きました。

Img_1768.jpg

 上の写真は柳本院長が運天先生をモデルにお手本の施術をされているところです。

 十分に復習をしながら基礎の美容鍼を練習していたつもりでしたが、いざ確認してみると意外と見落としていたところもあって、とても良い復習になりました。

 また、改めて基本を踏まえた上で、さらに応用する手法を講習して頂きました。

 講習の後半では、耳ツボ(耳鍼)の利用方法を講習して頂き、耳ツボの特定方法、王不留行(耳に張る鍼代わりの種子)の張り方などを丁寧に教えていただきました。

Img_1772.jpg

 これで要望が多かった耳ツボダイエットの施術も行うことができそうです。
 早速ホテルで自分の耳にも施してみました。どのくらい影響があるものか楽しみです。

 たった2回の講習でしたが、随分新しい発見がありました。また、いろいろと視野も広がったように思います。

 貴重な時間を割いて、長時間の講習をみっちりして頂いたんですから、無駄にしないためにも、頑張って富山の方にも良質な美容鍼灸を提供できるようになりたいと思います。

 柳本院長先生、運天先生、ありがとうございました。
posted by こてつ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容鍼灸