2008年08月17日

グリーンカーテンももう斜陽?

 美容鍼の講習を受けた、目白鍼灸院さんのブログ(目白鍼灸日記)にゴーヤのグリーンカーテンの話題があったので、当院のグリーンカーテンの現状を少し。

 当院のグリーンカーテンは、キュウリがそろそろ限界なのか、微妙に斜陽の雰囲気になってきました。
 枯れた葉っぱなんかが見えたり、黄色く変色した葉っぱも増えて、ちょっと勢いがないです。
 8月もまだ後半ありますし、まだまだ頑張って欲しいところなんですが。

Image817.jpg

 それでも、一時弱っていたキュウリも、最近復活の兆しを見せ始め、新しい葉っぱを茂らせたりもしています。
 ホント、植物の生命力ってすごいです。

 最近は、ゴーヤの方がちょっとお疲れ気味で、葉っぱが黄色く変色し始めているのがちょっと心配。

 でも、まだまだ実はなり続けてます。

Image8172.jpg

 ご覧の通り、微妙に葉っぱの勢いがないように感じるものの、しっかり実はついてます。
 朝には、結構盛大に黄色い花も咲きますし、見た目より元気なのかも知れませんねぇ。

 プランター栽培の性なのか、どうしても昼過ぎになると葉っぱがしおれてしまうので、来年以降はもうちょっと植え方にも工夫が必要かも知れません。

 こんな歯抜けなグリーンカーテンですが、室内にはちゃんと木漏れ日を運んでくれて、風に揺らされて綺麗な影を障子に描いてくれています。

 ちょっと写真がないのが残念ですが。後日良い写真が撮れたら掲載します。

 ちなみに、下の写真は先日の収穫です。

gouya.jpg

 ゴーヤはちょっと小さいくらいなんですが、キュウリが気を抜くとすぐにおばけキュウリになってしまって大変です。

 ここまで大きくなると、サラダよりもあんかけやバター炒めになることが多いです。

 キュウリを長さ5cmくらいにポンポンと切り分けて、それを縦に薄く切ったものをバターで炒めると、キュウリの繊維がバターをよく吸ってなかなか美味しい洋風の一皿になります。

 独り暮らし時代に太っといキュウリが手には入ったら作ってました。

 キュウリというと生で食べるパターンが多いですが、煮たり炒めたりしてもなかなかいけます。

 余分な水分を排出してくれたり、身体にたまった熱を逃がしてくれたりと、キュウリも夏の強い味方です。
posted by こてつ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18076093

この記事へのトラックバック